趣旨

いわきバッテリーバレーフェスタ2019(以下、IBF)は、いわきバッテリーバレー構想が目指す、いわき市へのバッテリー関連産業の集積と、バッテリー利活用の先進都市実現に向けた様々な取り組みのうち、市民や事業者が、これらを利用した製品(ここでは総じてバッテリーアプリケーションという)に直接触れ、体感することで構想への理解を深めるとともに、事業者の関連産業への参入や市内産業全体の振興に弾みをつける取組みです。

また、少子高齢化社会を迎え、次世代を担う若年層や子どもたちに魅力ある都市を残すとともに、ものづくりへの興味・関心を育むことで活力に満ち溢れた未来の創出を図ることを主旨としています。

今年で5回めとなるイベント

いわきバッテリーバレー推進機構の法人設立時に開催した「いわき未来博」から数えて5回目となる今回のIBFでは、バッテリー関連産業の集積にも深く関連することが予想される再生可能エネルギーや新エネルギーとして注目される水素をメインとし、今年から順次終了がアナウンスされているFIT(固定価格買取制度)による売電ではなく、家庭での自給自足を実現する再エネと電気自動車、蓄電池によるVtoHの紹介、いわき市内の企業20数社が導入した燃料電池自動車“MIRAI”の複数展示と試乗、スローモビリティとして地方都市の足となることを期待する電動モビリティの試乗など多くのコンテンツを用意しています。

再生可能エネルギーや水素など、新たなエネルギーを地域に根付かせ、より発展させるためには、社会の仕組みを変革していくことが必要であり、市民一人ひとりの理解と協力が不可欠です。一部の市民や事業者の率先導入、産業界における取組みだけではなく、一人でも多くの市民・事業者の方に、再生可能エネルギーや水素利活用の必要性や経済効果などを理解していただき、地域の将来に夢を持ってもらいたいと考えています。

主催と実行委員会

いわきバッテリーバレーフェスタ2019は、いわきバッテリーバレーフェスタ実行委員会が運営します。

実行委員会は、一般社団法人いわきバッテリーバレー推進機構を構成する企業やいわき市などから構成されています。

イベントに関するお問合せ

イベント全体に関するご質問等は、お問合せフォームをご利用ください。(クリックすると別画面が開きます)

各コンテンツで専用の窓口がある場合は、それぞれの記事中にあるお問合せ先にお願いします。

※会場にお問い合わせいただいても回答できませんので、絶対に連絡されないようにお願いします。