創エネ、蓄エネ、省エネ<ゼロ・エネルギー・ハウス>

家庭用太陽光発電の余剰電力を買い取る「固定価格買取制度(FIT)」が、2019年の11月から順次終了します。

これからは昼間に発電した電力は、家庭用蓄電池に貯め、自分たちで使うことにまわし、節電と組み合わせれば、電気代もかからない生活になるかもしれません。さらに電動化車両(EVやPHV、FCV)から電源供給できるようにすれば、緊急時や災害対策も安心。

ハウスメーカー2社が、ゼロエネルギーハウスについて教えてくれます。

<出展予定企業>

  • 大和ハウス工業株式会社
  • 東北ミサワホーム株式会社

<会場>

アクアマリンパーク内・企業展示エリア及び体験エリア

<イベント共通注意事項>

  • イベント内容を撮影した写真・映像等を、いわきバッテリーバレー推進機構及びいわきバッテリーバレーフェスタWebサイト・TV・新聞広告・ 雑誌広告・ポスター・チラシなど、その他広告活動に使用する際、参加者ご自身がうつり込む可能性があります。
  • また、新聞・ 雑誌・テレビ・ラジオ・インターネットサイトなどのメディアで、イベントの様子が報道されることがあります。